今後の仕事展開を探る

現在、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアを目指している方の中には、「今は、まだ監視しかやらせてもらえていない」という方もいれば、「運用までしか、やらせてもらえていない」とがっかりしている方もいると思います。
「将来的には、もっと仕事の幅を増やしたい」と考えている方もいるでしょう。
では、ネットワークエンジニアやインフラエンジニアの今後の仕事について、ご紹介しましょう。

現在、監視や運用フェーズ等の仕事をしている方は、「こんな仕事、やりたい仕事ではない」と感じている方もいると思いますが、今後ネットワークエンジニアやインフラエンジニアの仕事をしたいと考えているのであれば、これは大きなスキルとなります。
ですから、今のうちに取得出来るスキルをしっかりと磨いていきましょう。
保守や監視というのは、キャリアスタートの近道でもありますからね。

保守や監視の仕事では、サーバーやコンピューター、ネットワーク機器、OSなどの設定変更などを行っていくこともあると思いますが、この経験は必ず今後の糧となります。
これらの経験を積んだ後には、構築フェーズなどに進むことで、更にスキルアップが出来ます。
この時、自分でもどんどん学んでいくことが必要。
ここで、強い意思を持って学ぶかどうかによって、今後の仕事なども変わってくることになります。この実績が認められれば、要件定義フェーズなども任される立場となるでしょう。
そうなれば、自分がやりたいと思っていた仕事を、任せられることになりますよ。

ネットワークエンジニア、インフラエンジニアとしての経験があれば、その後転職を考えた時にも今までの経験を生かし、収入アップやスキルアップなども行いやすくなります。
焦らず、段階を踏んでステップアップしていくことも大切となるでしょう。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*